Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんざり

11月27日、大阪市長選挙と大阪府知事選挙のダブル選挙で橋下氏が圧勝した。得意満面の橋下氏はさっそく、職員攻撃を開始し、お得意の悪者を作って攻撃するという手法を展開している。

多くの現代日本人にとって彼は最適なリーダーだと思う。彼は暗に主張する。

「皆様は悪くない!悪いのは既得権を持った○○です!皆さんは一切悪くない!」

これほど多くの日本人が聞きたがる言葉はないだろう。そして、役人など市役所の窓口でしか見たことがない、あるいは自分が見たごく小数の例を拡大解釈する人々が、役所を敵視し大歓声を上げるのだ。

日本国民は民主党にだまされて少しは成長したと考える人もいるかもしれないが、私は全くそう思わない。根底にある無責任さ、「(聖人のような)誰かがなんとかするべきだ」という都合のよい救世主思考、世の中の閉塞感は全て誰かのせいだと考えたがる幼稚性。そのすべてが健在であると思う。全国ではなく大阪での出来事とはいえ、橋下氏の圧勝はその象徴に見える。

日本の夜明けだと浮かれ騒ぐ人々は、小泉首相誕生のときや民主党政権誕生のときに気勢を挙げた人々と同種でないかと思う。カイカク、カイカクと期待する気持はわからぬでもない。多くの人間が、閉塞感が消え去ることを望む世の中だ。

だがしかし、自ら変わろうとしない人間に、望みどおりの改革など決して訪れない。そのことに気づくのは何世紀も先か、あるいは永遠にわからぬままか...。
スポンサーサイト

とーでん

福島原発のトラブルが長引くことは避けられない状況のなか、東京電力が叩かれまくっている。報道では東電の不手際がこれでもかと報道されており、なんともやむを得ない状況だ(公平な報道であるかは疑問があるが)。

このたびの原発トラブルに伴う東電叩きに対し、ネットで抗議を表明する東電社員や東電社員の家族が出現したが、たちまち新たな火種と化して叩かれている。東電のことは全く好ましく思っていないが、声をあげてしまった彼らの気持はわからぬでもない。

思うに、東電の社員ともなると、真面目に勉強し、良い大学を出て、懸命な努力の末に入社を果たした方たちであろう。そして、多くの人間が会社組織の中で責任感をもって己の仕事に邁進していたであろう。

だが、一連の原発トラブルで、東電は社会の敵とされてしまった。社員や社員の家族が「これまでがんばってきたのに。今もがんばっているのに」と悲痛な声をあげるのは、やむを得ないことである(声をあげるには時期が悪すぎるが)。なにしろ、彼らの多くは「努力は一定の評価を受けるもの」として人生を送っており、「個々人がどれだけ努力をしても(あるいはしてきても)世間から虫けらのように叩かれる」という理不尽な世界に身をおいたことがないからだ。

バッシングに理性はない。そして、大義名分をもったとき、日本人はどこまでも冷酷になれる。東電の方々がどれだけ窮状を訴えようとも、「避難している人たちのことを考えろ!」「放射線の被害のことを考えろ!」と言われておしまいである。その先は何もない。

これまで都会の電力を裏から地道に支えてきたとしても、それによって社会が大きな利益を受けていたとしても全く関係がない。東電に被災者がいても考慮されない。残念ながら日本人の多くは、誰かを強く憎みたいのだ。日本人は、暴動ひとつ起こさない大人しい民族だが、敵を見つけて蔑み、あざ笑うのが実は大好きなのである。

インターネットでは民度の高い日本人像が誇らしげに語られていることがよくあるが、まったく可笑しな話である。特定の集団や集団構成員を、大義名分を振りかざして傷つけることが好きな民族のどこが民度が高いのか。

話はそれたが、東電の方々は今、バッシングを受けた人間にしかわからない苦しみを味わっている。世間は今、東電社員をいくら傷つけてもよいという免罪符をもっている。その結果、東電の人々は叩かれ、白い目で見られ、人間らしい文句ひとつ、言ってはいけない雰囲気に飲み込まれている。仮にその苦しみを外部の友人に語っても、「当然の報い」「まだ苦しみが足りない」と言われることだろう。

まったくもって救いがない。だがバッシングとはそういうものだ。日本人の心に潜む怪物なのである。この状況下では頭を低く下げてひたすらに耐えるしかない。憎悪にさらされるのは心にも体にも良くないことだが仕方がない。今は黙々と、己のなすべきことに集中するべきである。

事態の一日も早い収束を望む。

暴君

アメリカ軍普天間基地の移設問題で、大阪府の橋下徹知事が、移転先として神戸空港を例示した発言について、以下のように話し、神戸市から抗議を受けたことを報道陣に明らかにしたそうな

「神戸市役所から厳重抗議が来たみたいですね。本当、神戸市役所というのは、役所体質がまだ抜け切れていないというか、税金でつくった空港なのに、自分たちの空港だと思っているもんだから。神戸市役所がそういうことにいちいち口を出すんだったら、3空港問題から神戸空港除いちゃって、神戸市で全部責任とってもらえばいいと思いますね」

いやはや大阪の独裁者の話題はよく耳にするが、なんとも恐ろしい。自分が気に入らない意見をされて癇癪を起こすとたちまちそれをマスコミに公開する性癖を持っているようだが、これでは周りの人間も安心して意見を申し述べることもできまい。僕の知り合いのマスコミに言いつけちゃうぞ!を地で行っているわけだ。

神戸市は抗議したわけではないと弁解しているようだが、よその自治体が管理する空港を移転先として示すこと自体、あまりにも非常識であり抗議したとしても当然である(一応、「大阪府知事がこうすべき、ああすべきとは言いにくい」と述べ、あくまで国から提案があった場合の対応であることを繰り返し説明したらしいが)。本当に移転ともなれば相応の負担と重大な責任が発生するわけで市民にだって迷惑をかけることになる。

神戸市役所が神戸空港を自分達のものだと思っている、とか、役所体質である、との反論は的外れというか、ほとんど意味不明である。役人でなくても他人に無責任な発言をされれば抗議するのは当たり前。役所がどうのとかは関係ない。

もっとも、知事は以下のように発言しており、怒りの原因は別のところにあるのだろう。

「市長からの抗議なら分かるが公務員が政治家に厳重抗議するのはおかしい

役人ごときが俺様に抗議するんじゃねぇ!と激怒したわけだ。知事の公務員嫌いは有名であるが、この理屈だと知事の部下である大阪府の職員たちは知事に決して抗議はできない、ということになる。まさに裸の王様、現代の暴君である。

だが悲しいことに、このような暴走行為も「役所体質」などと意味のわからない公務員批判と結び付けられれば大目に見られてしまうのが今の世の中である。なにしろ、メディアによる公務員いじめは、今や公然と認められる庶民(ただし公務員は除く)の娯楽だからだ。これでは一部の公務員が「もう役所は全部民営化して、金を払う人だけがサービスを受けられるようにすればいい」と投げやりなことを言い出すのも無理はない。こんな時代がいつまで続くのだろうか...。

古いです

※以前書いたままアップしなかった記事です。よって古い内容です。

 最近ではモンスター○○がよく話題になるようである。よくわからないものや理解が及ばないものに対してレッテルを貼り付け、思考を停止したがるのは昨今の新聞やテレビの得意技であるが、これもその一環なのだろうか。

 それにしても、ひとたび問題が起こると当事者を無視して管理責任ばかり狂ったように騒ぎまくるマスコミ諸氏が、眉をひそめながら「常識のないモンスターペアレントが」とか「モンスターペイシェントが」とか、さも良識人のように語っているのを見るのは実に滑稽である。

 だいたい「権利意識ばかり高くなり」などと、どの口がおっしゃるのやらと呆れてしまう。自分達がそれを助長していないとでも思っているのだろうか。その報道ぶりはマッチポンプの見本市と言ってよいだろう。

 悪者をでっちあげて叩きに叩きたいテレビや新聞にとって、モンスター○○は格好の攻撃対象である。社会生活をしていれば、誰しも、ワガママで救いようのない人を見かける機会はあるから共感を得られるし、かと言って具体的な誰それさんじゃないからいくら叩いても訴えられることは絶対にない。

 しかも、叩くことによってマスコミが「ダメな日本人を批判している」という構図になり、大義名分もつく。実際、モンスター批判をすることで現場の人間の苦労が伝わることもあり、良い面もある。

 しかし、モンスター叩きというやつは冷静にとらえないと、一般人を萎縮させてしまうこともある。つまり、何を言うにしても「こんなことを言ったらモンスターに見られるのでは」と感じたり、声の大きい人が「あの人は揉め事を起こすモンスターだ」とレッテルを貼られたりする危険もありうる。

 とかくモンスター関係の話題は、白黒はっきりした鮮烈な内容で語られるので見ていてとても痛快である。しかし個人的経験から思うのは、現実のトラブルというのは大抵どっちもどっち、ということである。片方が完全悪みたいなことはレアケースである。単純化された世界でのモンスター狩りに慣れきってしまうと、そのことを忘れてしまいがちになる。

 世の中には救いようのないアホもいるが、何かのきっかけで良識を取り戻す人もいる。でも、相手を「モンスター」と名づけた瞬間から和解の道は閉ざされる。相手は完全悪の敵となってしまうからだ。だが人間というのはそれほど単純じゃないし捨てたもんじゃないと思う。

 他人を怪物と呼ぶことは簡単でわかりやすいが、それはときに危険な考え方になりうる。マスコミに乗せられてそういうことを忘れてしまわないよう、気をつけたいものである。

自己陶酔

 厚生労働省広島労働局の落合淳一局長が6日、連合広島の旗開きであいさつし、製造現場への労働者派遣が解禁された2004年の労働者派遣法の改正について謝罪したそうだ。

 単純に評価する向きもあるようだが、何をいい人ぶっているのだろうか?というのが率直な感想である。本当に申し訳なく思うならさっさと辞職して退職金も国庫に返納すればよいのである。

 だいたい「労働行政の誰かが職を辞してでも止められなかったということは、謝りたい」って、誰かって誰だよ。勝手に周りを悪者にするなよ、と言いたい。「私が」と言うならともかく「労働行政の誰かが」などと他力本願このうえない。謝罪などと言いながら遠まわしに「俺は悪くない。悪いのは他のやつ」と言っただけである。

 仮にも国会で決まったことで、役所が全部悪かったようなことを発言するのだから神経を疑う。この人と一緒に働いた人はうかばれないだろう。こういった無責任な発言は現場の人間を攻撃する材料に使われる可能性もある。「お前らが悪いんだろ!局長も謝罪してるじゃないか!」と法案作成に全く関与していない人間が被害にあうこともありうる。

 雲の上からの放言で現場の人間に迷惑がかからなければよいのだが。

Appendix

プロフィール

Hamras

Author:Hamras
職業 国家公務員(ノンキャリア)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

天晴れなへこみぶりだと思った方はどれかをクリック↓

FC2ブログランキング

公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。