Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩かれる者の悲鳴

今日は公務員叩きに関する言動を再確認すべくWeb上をさまよってみたが、やめておくべきだった。正視に耐えない誹謗中傷の嵐だったからだ。
狂牛病も耐震偽装も(!)役所のせい、国の抱えている懸案は全て公務員が悪いのだそうだ。そのうち梅雨が明けないのも公務員のせいにされそうである。

あるサイトでは「公務員は全員、有罪」と書いてあった。まるで犯罪者扱いである。公務員叩きで特徴的なのは、政治的要因があるものさえ実行部隊の役所が悪いことにされること、公務員自体実にたくさんの種類に分かれているのにすべて一緒くたにして批判されること、などである。もはや言葉の暴力である。

とある新聞記事に、たてつかない弱者をいじめる“言った者勝ち”の傾向が社会に蔓延している、と書いてあった。新聞にしては良いことを言う。

公務員は弱者にあらず、と言う声が聞こえてくるが、現場で働く職員は羊みたいなもので非難されればほぼサンドバック状態である。的外れな非難に反論しても、マスコミ様の言っていることのほうが信用されるのでまず聞き入れられない(洗脳されているので何をいっても無駄)。

本当に国民である自分は一切悪いところがなく、(実は同じ国民である)公務員が全て悪いのですか?あなたの不満は全て国のせいなのですか?
こんな問いかけを胸にしまいこみつつ、今日も現場に出る。
スポンサーサイト

民間代表? の続き

私の経験では、法律を無視して人に迷惑をかける人間ほど、どこかで聞いたような公務員批判を口にしてくる(あと役所の能力を超えるサービスを要求し、説明しても納得しない人もよく口にする)。「公務員憎し」という怨念を全力でぶつけてくる。

 いくら憎まれようとも法を守らせないといけない(瑣末なものはともかく人の生命・身体に関わることであればなおさらである)。しかし、過度の公務員叩きが生み出した憎しみと戦うのは辛いものである。「公務員憎し」という怨念に縛られ、指導レベルでは全く言うことを聞かず法を破る者もいる。それで被害を受けるのは結局国民である。

 また、指導する側もそのような偏見と戦うのに疲れてしまい戦わなくなる者もでてくる。これはそういう人間が悪いということでもあるが、やはり被害を受けるのは国民である。

 批判されること全てが不当と言うわけではないが、行き過ぎた公務員叩きは法を守らせる者の威信を失墜させ、法を守らない人間を助長させる。そのことも覚えておいてほしいと思う。

民間代表?

 民間は競争で大変なんだよ、民間と公務員とは違うんだ。お前らみたいに楽してるんじゃない。規制どおりやれば潰れちまうんだよっ。

現場で民間人と接しているとこのような罵詈雑言を浴びることがままある。国家公務員はみんな冷房のきいたオフィスで踏ん反り返って偉そうに指示している。本気でそう思っている人がまだいるようだが、私の場合は汚い罵りに耐えながらの仕事である。

程度の低い人ほどマスコミに洗脳されていて、公務員全体への不毛な憎しみを持っている。法律を無視するような輩は自分が悪いことを棚に上げて、上に書いたようなことを延々と言ってくるわけである。
「貴様らは楽しやがって」と口汚く罵ってくる。あなたの相手をする仕事が楽な仕事ですか?と聞きたくなる。

 話が逸れたが、私が仕事で接する民間人は概ね真面目である。景気回復効果がなかなか波及せず苦労していても、法律を守って真面目に仕事をしている。しかし冒頭で書いたようなことを言ってくる横暴な人も一部存在する。

 どうにも我慢ならないのは、彼らが「民間」という言葉を繰り返し使うところだ。多くの人々が苦しいなか真面目にやっているのに不真面目な人間がさも自分は民間代表者のような口をきく。善良な民間人に対して失礼である。

信頼感…の続き

 人事院のアンケートは国家公務員をひとくくりにして質問しているが、ひとくちに国家公務員と言ってもその数およそ97万人。所属する省庁もいわゆる1府12省庁に分かれている。

 12省庁をみると、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛庁、国家公安委員会、と、様々な種類に分かれている。それに対して「国家公務員に対して信頼感を持っているか」という質問は漠然としすぎている。

 その信頼感とはどこに対するものなのか。防衛庁職員なのか。厚生労働省職員なのか。同じ省庁であっても法務省であれば検事もいれば入国警備官だっている。信頼感はないと返答した人は国家公務員を信頼できないということになるが、彼あるいは彼女は入国警備官を見たらすべからく「こいつらは信用できない」と思うのだろうか。

 もちろん信頼感がないということに対する反省はあるべきである。しかし、わざわざアンケートなどしなくても最近の報道から特定省庁を中心に信頼が崩れてしまっていることはわかるのだ。それは現場で働いている職員なら誰もが感じていることである。

 このようなアンケートをして、しかもそれを国家公務員への中傷にまんまと利用された人事院。彼らは一体何をしたいのか。給料を減らし、勤務時間を増やし、そのうえ何故現場の人間を傷つけるような真似をするのか。

 今回のアンケートが結果はどうあれ、どのように報道されるかは少し考えればわかるはずである。わからなかったというなら最も現状認識が甘いのは人事院と言うほかない。国家公務員は皆楽していい暮らしをしている...、そんな馬鹿げたイメージ払拭のためにもっとすべきことがあったのではないか。

信頼感…

人事院が行った平成18年度第1回「国家公務員に関するモニター」アンケート調査結果が公務員への中傷に利用された。
アンケートの中で「国家公務員に対して信頼感を持っているか」という愚問としか思えない項目があるのだが、回答結果は、

信頼感がある                      11%
全般的には信頼感があるが、職員の一部に持っていない  56.9%
職員の一部には信頼感があるが、全般的には持っていない 23.3%
信頼感を持っていない                 4.9%
その他                        2.1%
分からない                      1.6%
無回答                        0.2%
となっている。信頼されていない部分について反省する必要があるが、その話は置いておくとして、これに対する新聞報道の見出しが以下のとおり。

日本経済新聞 「公務員を信頼」11%に低下・人事院アンケート調査
毎日新聞 [国家公務員イメージ]8割以上が不信感 人事院の意識調査
読売新聞 国家公務員への信頼感、若い世代ほど低下…人事院調査

 読売新聞はまだ穏やかな扱いと言える(記事の冒頭で、全体の7割近くが「国家公務員に全般的に信頼感を持っている、と回答した」と述べており救いもある)しかし、日経、毎日の見出しは国家公務員への悪意に満ち溢れている。

日経は、見出しで「11%からしか信頼感がない」という印象操作を行っている(しかも、さりげなく対象を国家公務員ではなく単に「公務員」としている)。そして記事においては、全般的には信頼感があるが、職員の一部に持っていない」という回答に対し、後半部分ばかり着目して信頼感を持っていないという意見に分類している。毎日もほぼ同じまとめ方で、見出しで「8割以上が不信感」などと述べ事実を歪曲している。日経、毎日がいわゆる公務員叩きがしたくて仕方ない、という姿勢がひしひしと伝わってくる。
 日経、毎日は記事のなかで「8割以上の人が国家公務員に何らかの不信感を持っている」などと言っているが、この「何らかの」というのが実にいやらしい。要はほんの少しでも不信感を持っていれば「何らかの不信感」を持っていることになるからだ。99%信頼しているが1%の不信感がある、という人でも不信感はあるわけだ。97万人いて千差万別の仕事をしている国家公務員に対し、100%信頼などありえない。そんなのは非現実的な話である。しかも、マスコミが公務員をひとくくりにして総攻撃をしており、今回の記事のように公務員全体への不信感を煽っている。

 現場の最前線で駆けずりまわっている職員たちは、このような悪意ある報道で心を削られていく。本当に理不尽な話である。

ブログ趣旨・ルールについて

 このブログは、主に公務員叩きについて感じたこと思ったことなどをつらつらと書くブログです。不当な公務員叩きに対する鋭い反論は他の優良サイトでなされてますが、私の書くものはそのような高い見識に基づいたものではありません。書かれていることは叩かれる者の悲鳴みたいなもんです。

 当然のことですが、公務員批判全てを否定するものではありません。批判されてしかるべきこともあります。いわゆる怠慢公務員に一番怒っているのは現場の普通の職員です。ただ、400万人からいる公務員を全てひとくくりにしての叩きなど差別を助長する内容に対しては悲鳴のひとつも上げたくなる、というわけです。

 なお、私は一応国家公務員のはしくれですが、ここに書かれた考えは私個人のものであり役所の考えを代弁するものではありません。

Appendix

プロフィール

Hamras

Author:Hamras
職業 国家公務員(ノンキャリア)

カレンダー

07 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

天晴れなへこみぶりだと思った方はどれかをクリック↓

FC2ブログランキング

公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。