Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C30]

 トラックバックどーもです。w
 労働契約法については労使双方がその内容に反対しているところが笑えますよね。
 つまり、労働者側は我々が虐げられてしまうと主張しているのに対し、使用者側はこんな内容じゃまだまだ手ぬるい!と主張しているようです。orz

 ちなみに、よかったらリンク貼らせてください。
 いつもはリンクフリーの表示もないのに勝手に貼ることが多いのですが、だんだん内容が過激になってきたということで、一応了承をとることにしているのです。w
  • 2006-10-17
  • 投稿者 : デューク田中
  • URL
  • 編集

[C31] どもです

 こんばんは。トラックバックをして、あぁブロガーみたいだなぁ、と浸っていたHamrasです。
 たしかに労使の対立、えらいことになってましたね。一方は残業代もらえねーじゃねーか、もう一方は残業代の割増率アップだぁ??と双方エキサイト。今後、どうやって調整するのやら。みんなが将軍様の方を向いているスキに成立したりして。

 リンクの件、了解しました。こちらも貼らせていただきますw

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/47-5ad9c2b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

奴隷

 デュークさんのブログで労働契約法が話題となっていたので、少しこの話に触れてみようと思う。もちろん、ひさしぶりにトラックバックをしてみたかっただけ、ということは断じてない(デュークさんごめんなさい)。

 労働契約法の検討については将軍様の乱心も手伝ってかなり目立たないが、審議会はひっそりと再開されている。このなかでもっとも注目を浴びているのは自立的労働時間制度だろう。ホワイトカラーエグゼンプションと呼ばれているやつである。これは素人目に見てもかなりヤバイ代物と言える。
 制度の対象者は「使用者から具体的な労働時間の配分の指示を受けることがない労働者であって年収が一定以上の者」であるが、その効果がすごい。「労働時間、休憩及び休日の労働及び割増賃金に関する規定並びに深夜業の割増賃金に関する規定を適用しない」というのだ。

 ここはマスコミでも騒がれていたのでご存知だと思うが、残業代はナシよ、というものである。会社が休憩時間を保障する必要もなければ休日出勤しても休日手当なんてものもつかない。深夜に会社でインターネット仕事をしても深夜割増もない。

 ホワイトカラーは考えることが仕事で、オフィスにいたからといって仕事をしているとは限らない。自立的労働時間制度の背景にはそんな考え方(By経団連)がある。私的ホンヤクコンニャクを使ってみると「だらだら会社に残って仕事してんじゃねーよ」と言ったところか。
 まぁいわゆるダラダラ残業というものも実際にあるのだろうが、基本的にそれは会社の規律の問題で、サービス残業や過労死の問題を考えれば労働時間規制を弱めるのは労働者にとって自殺行為といえるだろう。

 自立的労働時間制度が解禁となれば、ワリを食うのは我々も含めた労働者である(公務労働者も同じく引きずりおろされるのは自明である)。そしてデュークさんのブログにあるようにその怒りは当然国、ひいては公務員に向かってくる可能性は否定できない。だが、今のうちに声を大にして言っておくが、これを提案し、導入しようと躍起なのは日本経済団体連合会である。そこは忘れないでほしい。
 この法案が通ってしまうことはイコール、この国の労働者は権利を与えられるのを待っているだけの何もできない奴隷であると証明されることになる。そうならないように労働契約法に関する議論には注意を払い、経営者の意向タップリな法改正には断固反対の声をあげなくてはいけないだろう。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C30]

 トラックバックどーもです。w
 労働契約法については労使双方がその内容に反対しているところが笑えますよね。
 つまり、労働者側は我々が虐げられてしまうと主張しているのに対し、使用者側はこんな内容じゃまだまだ手ぬるい!と主張しているようです。orz

 ちなみに、よかったらリンク貼らせてください。
 いつもはリンクフリーの表示もないのに勝手に貼ることが多いのですが、だんだん内容が過激になってきたということで、一応了承をとることにしているのです。w
  • 2006-10-17
  • 投稿者 : デューク田中
  • URL
  • 編集

[C31] どもです

 こんばんは。トラックバックをして、あぁブロガーみたいだなぁ、と浸っていたHamrasです。
 たしかに労使の対立、えらいことになってましたね。一方は残業代もらえねーじゃねーか、もう一方は残業代の割増率アップだぁ??と双方エキサイト。今後、どうやって調整するのやら。みんなが将軍様の方を向いているスキに成立したりして。

 リンクの件、了解しました。こちらも貼らせていただきますw

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/47-5ad9c2b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Hamras

Author:Hamras
職業 国家公務員(ノンキャリア)

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

天晴れなへこみぶりだと思った方はどれかをクリック↓

FC2ブログランキング

公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。