Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/68-12dafd3f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

まだ叩かれてました

 例の人事院が調べた官民の退職金格差が読売新聞の社説で叩かれていた。先日も述べたのだが、私などには随分先の話になる退職金の、しかも実現など全くしていないことで「厚遇」などと叩かれるのだから不愉快極まる。

 人事院も少しは反論しろよ、と思う。こんな調子のくせに「国民の理解が得られない」だの「国民からの批判が多い」などと言おうものなら、本当に人事院は不要の存在ということになる。

 さて、すでに述べてきたとおり、退職金やら共済年金やらにはほとんど興味をもったことがない私には、人事院の調査内容が当を得ているかどうかわからない。だが、てんで素人の私でも、

「調査の回収率は従業員1000人以上の企業は8割近いが、100人未満の企業は5割しかない。」

 という読売の指摘にはガックリくる。5割で不満って...。それならそもそも調査不能でしょうが。大規模な調査において、大企業の回答率のほうが高くなるのはどうしようもないことである。役所の仕事につきあってられるか!という態度(調査拒否)が中小企業に多いからである。天下の読売新聞が調査をしたって同じこと。アホみたいな指摘である。

 ついでに社説から抜粋するとこんなことも言っている。

「公務員には民間のような倒産の心配がなく、原則として定年まで勤めるため年金の水準は高い

 高い、高いと言いながら具体的な数字を上げもしない。具体的事実による裏づけなくイメージに頼って書いたのだろう。こういう事は、同じ年数勤続した国家公務員と民間労働者の退職金をちゃんと比較したうえでおっしゃっていただきたい。それとも、雇用年数が民間の退職者より長い傾向にあるので、(国家公務員より雇用年数が少ない)民間人と比較して退職金が多い、という馬鹿な考えを持っているのだろうか。

 数字をいちいちあげることはできない、との言い訳は私のような素人が口にするならともかく、論説委員様としては失格である。数字をあげられないならやっぱりイメージで書いただけであり、酔っ払いのたわ言と同レベルである。

 ついでに申し上げると、倒産の心配がないなどと皮肉を言うなら、保護された規制産業である新聞社の年金も大幅に下げたらどうだろう。自分らだってそんなこと言われれば、仕事の質を保つためには一定水準の待遇が必要だ、と言うのではないか。民間準拠ってのもそういうものである。

 それにしても、今回の調査で国家公務員の最終年収や退職金が、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツに比較して見事に最低ランクであったことに全く言及しないところが笑いを誘う。いつもの「欧米は...」から始まる欧米信仰はどこへ行ったのだろう。与党の非難も国際比較の部分については特に聞いたことがない。とりあえず、国際的には皆納得の最低クラスということで、実態とも合致しているところなのだろう。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/68-12dafd3f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Hamras

Author:Hamras
職業 国家公務員(ノンキャリア)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

天晴れなへこみぶりだと思った方はどれかをクリック↓

FC2ブログランキング

公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング