Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/76-f744547c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自省

 今年はいじめに関する報道が吹き荒れたが、その内容はお粗末で無責任なものが目立っていた。愚かしい学校責任論はもちろんだが、自殺自殺と大騒ぎして「次の犠牲者」を期待するかのような報道ぶりには人間味のかけらも感じられなかった。

 このことについて、12月25日付の毎日新聞で「メディアの役割とは」と題して一連の報道への評価等を精神科医に問う、という記事が掲載された。内容としてはツッコミが控えめで物足りない感じではあるが、こういう記事を掲載するのはよいことだ。

 記事には、自殺予防のためのWHOのガイドラインが掲載されていたが、それを見事に無視していたメディア自らがガイドラインを掲載したことはそれなりの意味があるだろう(ガイドライン自体はいじめ報道が過熱していた時期にどこかのサイトで見たことがあったので、今さら、という気もしないでもないが)。

 なにしろガイドラインの「してはならないこと」に列挙されている、

  遺書の写真を掲載する
  自殺方法を詳しく報道する
  単純化した原因を報道する
  自殺を美化したりセンセーショナルに報道する

 というこれらの行為をしなかったマスコミなど日本に存在しないからだ。せっかくガイドラインを掲載しながら、そのことまできっちり言及して反省できれば毎日新聞も捨てたもんじゃないのだが、さすがにそこまでしていなかった。まぁ、ガイドラインを見れば報道に問題があったことは一目瞭然ではあるのだが。

 こういうメディアの反省がポーズだけのガス抜きにとどまらず、今後に生かされて欲しい。そんなことを思っていたら、いじめ報道に配慮を求める声に対する日経論説委員のコメントを見つけてしまった。

「(報道の)自主性は譲れない。行政は事実を二転三転させたり打ち消すこともある。我々の立場は事実究明だ」

 実に日経らしいコメントだ。彼らの自主性には自主規制は含まれないのだろう。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tatakisugi.blog57.fc2.com/tb.php/76-f744547c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Hamras

Author:Hamras
職業 国家公務員(ノンキャリア)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

天晴れなへこみぶりだと思った方はどれかをクリック↓

FC2ブログランキング

公務員サイトランキング 現職公務員サイトランキング